QRポイントご紹介

QRポイントとは、今やどの店舗でもあたり前となった、ポイントシステムサービスの一つです。 ポイントシステムの普及により、お客様のお財布はポイントカードでいっぱいになり、無料でカードをお作りします。と言っても なかなか新規のカード会員の獲得が難しくなっているのが現状です。 お財布に入りきらないカードは、別途カード入れに入れている人もおり、どこのお店でポイントカードを作ったかが管理不能になり、 いざポイント加算の時に見当たらないという事態に陥っています。 そんな問題点を解決するのが、このポイントカードシステムです。

手軽で低コストなQRポイントを導入して頂くことで有効な集客効果が得られます。

ケータイとQRコードによるポイントカード販促

利用客のデータ利用への展開

複雑で高額なポイントシステムではなく、簡単簡易で導入費用の少ないポイントシステムです。

●会員カード不要  ・・・お客様のケータイが会員カードになります(低コスト・お客様の財布もかさばらない) ●カード端末不要  ・・・お客様のケータイから弊社サーバーにデータを送信します(低コスト) ●チラシやDM・名刺・ホームページ・メールにQRコードを印刷  ・・・新規会員の獲得 ●普及率の高い、iphoneやipadの利用を端末として利用できます。  ・・・導入費の削減 ☆ QRコードとは? ☆ QRはQuick Responseに由来し、高速読み取りができるように開発された2次元コードの一種です。日本では最も普及している二次元コードと言えるでしょう。 デンソーウェーブ(当時は株式会社デンソーの開発部門でした)が開発し、1994年に発表しました。なお、QRコードという名称はデンソーウェーブの登録商標となっています。 従来のバーコードは、一方向だけに情報を持っていることに対し、QRコードは、縦、横二方向に情報を持つことで、記録できる情報量を飛躍的に増加させたコードです。数字だけでなく英字や漢字のデータも格納できます。 工場なと業務用に当初は開発されましたが、個人利用の方が拡大し、現在では販売されている携帯電話やスマホなどは全てQRコードの読み取り対応機種になっている。 QRコードはデータの格納だけではなく、紙のチケットに代用される利用方法として、色々な使用方法が広がっている。 主に、馬券や航空券・入場券などがあげられる。 ☆ バーコードから2次元コードへ ☆ バーコードは、読取りの速さと正確さ、操作性の高さなどの特長から広く普及してきました。 バーコードが普及し、その便利さが広く認識されることに伴い、「より多くの情報を収納できるコード」、「より小さなスペースでの印字」・・・と市場からは様々な声もあがってきました。 そのため、情報量を多くするためにバーコードの桁数を増やしたり、複数のバーコードを並べたり・・・といろいろ工夫も施されました。 しかし、これらの工夫は一方で表示面積を大きくしたり、読み取り操作を煩雑にしたり、印刷コストをあげたり・・・という問題も引き起こしました。 こうしたニーズや問題に応えるため、2次元コードが開発されました。 2次元コードも、バーコードを積み重ねたタイプ(スタックドバーコード方式)から、 さらに情報密度を高めたマトリックス方式に進化を遂げています。 その進化は、サイズの縮小にも見られ、読み取り技術が発達すると、マクロ的なバーコードの登場が期待されている。 バーコードの末端利用といえば、スーパーなどのレジでの利用が思い浮かばれる。 バーコードでは、値段等の情報格納でしかなかったものが、QRコードにすることにより、多くの情報を格納できるようになり、 また、そこに食の安全といった概念の加わることにより、QRコードは食品へ添付するコードとして、さまざまな利用をされている。 読み取り側の技術進歩も、QRコード進化に大切であるが、印字技術の進歩もまた大きな要素である。 簡単に簡便に、どんなものにでもどんな形状にでも印字することができれば、利用場面は当然増え、利用数も格段と広がるであろう。 ★QRコード作成ポイント★ 1  レポートの定義画面でバーコードオブジェクトを作成します。 2  [オブジェクトの属性]画面で[バーコード]タブを選び、[種類]で「2次元(QR)コード」を選択して[QRコードの設定]ボタンをクリックします。 3 [QRコードの設定]画面で[携帯向け]を選び、[誤り訂正レベル]を指定して[OK]ボタンをクリックします。 4 [オブジェクトの属性]画面の[ソース]に式を入力します。   ※[ソース]に改行コードを入力する場合は「非印字強制改行文字」を使用します。対象表を使用している場合は、表のファイル属性の[強制改行文字]に指定します。対象表を使用しない場合は、バーコードオブジェクトを配置しているオブジェクト(一覧表、伝票あるいは単票オブジェクト)を選び、[オブジェクトの属性]画面-[対象表]タブで指定します。   ※不要な余白を削除する場合は、[オブジェクトの属性]画面-[書式]タブの[余白モード]で「指定値」を選び、上下左右の値に「0」を指定します(最小限の余白は確保されます。

このQRコードを携帯で持ち歩けばカードを忘れてしまうこともありませんし、ポイントの参照も携帯の画面上からいつでも見ることが可能です。

QRコードの普及そのものは、作成の普及へも発展しています。 QRコードを作成するツールが無料で公開されていることはもちろん、どんなものへ展開するQRなのかによって多角化されていたりもします。 どんものとは、文字だけでなく、画像や音楽といったものへの展開も見込まれており、個人が楽しむこともできます。

Copyright © All rights reserved.ポイントカードいろいろ.