埼玉の賃貸しは、借り手市場で、気に入った物件をお得な価格で借りやすくなりました。

デフレ傾向が続き、人口の増加も鈍ってきた埼玉では、たくさんある賃貸は借り手市場ということができるかと思われます。もちろん条件の良い、賃貸はすぐにいっぱいになります。そして値段に上限を設けなければいくらでも良い賃貸に入居することができます。
賃貸住宅市場は空室が年々増加しており、賃貸住宅経営は難しさを増しつつあり、入居者に支持される賃貸住宅を提供しなければ空室を抱えることになります。埼玉では農家をやる人々も年々減少し、土地を有効に使おうということで沿線上にはたくさんの新築賃貸が、できました。私の町には、その上大きな工場が移転してくるということで、たくさんのアパートやマンションの賃貸が出来ました。
それで、埼玉の立地条件の良い新しい賃貸にはどんどん人が入るけれど、交通の要所から少し離れた場所や、古くなってきた賃貸は、家賃を下げたり、敷金や礼金を下げたりなしにするところも出てきました。「築10年たつと家賃も10パーセント下げるのが相場です。」と先日不動産屋さんが話していました。
埼玉の借り手にとっては、好きな賃貸をたくさんの物件からお得な値段で選ぶことができるようになりました。まさに借り手にとってはとてもラッキーな現状になったということができるでしょう。就職などで親元を離れる人や、埼玉から下宿をして学校に通う学生さん、また新婚のカップルさんなど、自分の予算に合った良い物件を選びやすくなったといえると思います。
借り手市場が定着した賃貸住宅市場においては、入居者ニーズに沿った物件が多く出回っています。不動産会社にとっても長く住み続けてもらうためにファミリー賃貸層が求める賃貸住宅ニーズを探っているのが現状です。

Copyright © All rights reserved.埼玉賃貸不動産.